64-75: Men at Work

The Pennino Collection, 64-75: Men at Work

Permission to use the Pennino Collection

If photos are used for non-commercial educational purposes such as use of the photos in class lectures, students’ presentations, and academic conference presentations, no permission is necessary. Please credit the photos with the sentence: “From the Walter A. Pennino Postwar Japan Photo Collection, courtesy of the Center for Japanese Studies, University of Hawai‘i at Mānoa.” However if the photos are planned to be used in books, newspapers, documentaries, films, and other forms of media and print, the users must write to the Center for Japanese Studies to request permission. In the request, please explain the topic and the type of media/print.

ペニーノコレクションの使用許可について

ペニーノコレクションの写真を講義や学生(生徒)のプレゼンテーション、各種学術会議での発表など非営利目的の教育活動に使う場合、使用許可の申請は必要 ありません。ただし、使用の際、写真が「ハワイ大学マノア校日本研究センターのウオルターペニーノ写真コレクション」の一部であることを 明記してください。コレクションの写真を本、雑誌、新聞、映画などの出版・映像メディアに使用する場合は、事前に文書で当センター宛てに使用の許可を申請 してください。申請の際には使用するメディア、題材、使用する写真(ID番号とタイトル)を明記してください。

Send inquiries or requests to/質問・使用許可の申請先:

Pennino Photo Collection
Center for Japanese Studies, Moore 216
University of Hawaii
Honolulu, HI 96822
Phone: 808-956-2664
Fax: 808-956-2666

Photo ID 64
Craftsman 1/男性職人 1
craftsman1 CAPTION: A man working at his craft, possibly lacquerware.写 真説明: 男性が漆器のようなものを製作しています。


ADDITIONAL INFO: Based on some of the objects in the room, it appears that the man is a lacquerware craftsman (shikki shokunin), but his actual work is obscured by the items on the table in front of him.追加情報: 室内の物を見ると、男性はどうやら漆器職人のようですが、彼が実際に何をしているのかは男性の前にある物が邪魔してよく見えません。

 

Photo ID 65
Craftsman 2/男性職人 2
craftsman2 CAPTION: A man shaping a ceramic container on a potter’s wheel.


写 真説明: ロクロを使って男性が陶製の食器となる粘土のかたちを整えています。

ADDITIONAL INFO: This appears to be a pottery factory as several men are working in a row. A year after these pictures were taken, in 1950, war in Korea would lead to changes in Japan’s economy. The heavy and chemical industries would begin to replace more traditional crafts, such as pottery and wood working, as a major part of Japan’s economy.

追加情報: 数人の男性が並んで働いている陶器工場のようです。この写真が1949年に撮影されたと仮定すると、その1年後の1950年には朝鮮戦争が日本経済に変化 をもたらしました。重化学工業が、陶器や木工製品を製造する古くからの工業に取って代わり、日本経済の主要産業となりました。

Photo ID 66
Craftsman 3/男性職人 3
craftsman3 CAPTION: A man painting a design on a Japanese lacquerware tray.写 真説明: 男性が漆器らしいお盆状の器に何かを描いています。


ADDITIONAL INFO: This appears to be the same room from picture, ‘Craftsman 1′. Today Japanese lacquerware is regarded as a traditional craft. Some lacquerware dishes and trays are for everyday use while others are for special occasions. Traditional lacquerware is now very expensive and imitations made of plastic are often used at home.追加情報: この写真は「男 性職人1」と同じ部屋で撮影されたようです。日本の漆器は伝統工芸品とみなされます。漆器には日常生活で使用する皿やお盆もありますが、特別な用 途に使うものもあります。今日、伝統漆器は大変高価であり、プラスチック製の模造品が家庭で使われることが多くなっています。


Photo ID 67
Craftsman 4/男性職人 4
craftsman4 CAPTION: A shirtless man shaping a wooden plate.写 真説明: 上半身裸の男性が機械を使って木製の皿の形を整えています。


ADDITIONAL INFO: It appears as though the man is using a wood lathe to shape wooden plates. To the man’s left are stacks of finished plates, and in the rear are stacks of wood ready for shaping.追加情報: 男性は木製の皿の形を整えるために、木工旋盤を使っています。男性から見て左に加工が終わった皿の束、男性の後方にこれから加工される木の束が見えます。

Photo ID 68
Craftsman 5/男性職人 5
craftsman5 CAPTION: An American boy looks on as factory workers work on ceramic plates.写 真説明: 米国人の少年が統制のお皿を扱っている男性を観察しています。


ADDITIONAL INFO: The boy in this photo looks like the same boy from the photo, “Temple and Playground.” The workers may be glazing or washing the ceramic plates before firing.追加情報: この写真の少年は「寺 院と遊び場」の写真に写っている少年と同一人物のようです。働いている男性は陶製のお皿を焼く前につや出しを行っているか、洗浄しているようで す。

Photo ID 69
Fishermen 1/漁師 1
fishermen1 CAPTION: Fishermen (ryōshi) take  care of two huge bamboo baskets, used to catch fish from the ocean.写 真説明: 2人の漁師が2つで1組となった巨大な竹製のカゴを扱っています。カゴはおそらく漁に使われるのでしょう。


ADDITIONAL INFO: Using baskets to catch fish is one of the traditional fishing techniques in Japan. But bamboo baskets are rarely used today.追加情報: カゴを使った漁は日本の伝統的な漁法の一つです。しかし、今日では、竹製のカゴは余り使われていないでしょう。

Photo ID 70
Fishermen 2/漁師 2
lfisherman2 CAPTION: Two suntanned men–probably fishermen–pose for the camera in front of three huge bamboo baskets.写 真説明: 3つの巨大な竹製のカゴの前で日焼けした男性、おそらく漁師、2人が撮影のためにポーズをとっています。


ADDITIONAL INFO: These two men are the same ones in the photo, ‘Fishermen 1′ above.追加情報: 2人の男性は「漁 師 1」の写真と同一人物です。

Photo ID 71
Men at the Seashore 1/海岸の男性 1
manseashore1 CAPTION: Near the seashore a man in a happi coat carries two baskets using a bar, which is usually called “mokko katsugi” in Japanese.写 真説明: 海岸近くにモッコをかついだ法被(はっぴ)姿の男性が立っています。


ADDITIONAL INFO: Wood and other debris are in the baskets. It is not easy to guess what he is – a farmer, or a fisherman.追加情報: カゴの中に木の枝などが入っているのが見えます。この写真だけでは、男性の職業を推測するのは難しいようです。農民でしょうか、漁師でしょうか。


Photo ID 72
Men at the Seashore 2/海岸の男性 2
manseashore2 CAPTION: Near the seashore, a suntanned man is checking something in his bamboo basket.


写 真説明: 海岸近くに立つ上半身裸の日焼けした男性が竹製のカゴに入った何かを確認しています。

 

ADDITIONAL INFO: It is unknown where the three ‘Man at the Seashore’ photos were taken, but the shoreline in the background of these photos looks somewhat similar to the shoreline in the Shonan area, Kanagawa Prefecture.

追加情報: 「海岸の男性」の写真3枚が撮影された場所は不明ですが、写真後方の海岸線は神奈川県の湘南周辺に似ているように見えます。

Photo ID 73
Men at the Seashore 3/海岸の男性 3
manseashore3 CAPTION: The same man again, but at a distance, revealing more of the landscape.写 真説明: 竹製のカゴの中を見る上半身裸の男性のもう1枚の写真ですが、後方の風景がより良く見えます。


ADDITIONAL INFO: The landscape may remind the viewer of Ozu Yasujiro’s films that were shot in Kanagawa.追加情報: この写真の風景は、神奈川で撮影された小津安二郎の映画の風景を思い起こさせるかもしれません。

Photo ID 74
Carpenter 1/大工 1
daiku1 CAPTION: A man wearing a wattle hat sawing a log.


写 真説明: 編み笠をかぶった男性が丸太をノコギリで切っています。

ADDITIONAL INFO: This man might be a ship carpenter (funadaiku) or a worker at a sawmill (seizaijo). Before the war, Japanese cities were mainly built of wood. After the war Japanese city planners hoped to rebuild with brick and concrete, but the lack of these materials and the demand to quickly rebuild the cities led to Tokyo and other cities being rebuilt with vast stretches of wooden homes and buildings.

追加情報: 男性は船大工でしょうか、製材所で働いている人でしょうか。戦前、日本の街は木製の建物ばかりでした。戦後、都市計画を担当した人々はレンガとコンクリー トで街を再建することを計画しましたが、資源の欠如、早急な再建への要望によって、木製の建物が東京などの市街地に広がりました。

Photo ID 75
Carpenter 2/大工 2
daiku2 CAPTION: Two men sawing logs for construction.写 真説明: 2人の男性が丸太を前に作業しています。


ADDITIONAL INFO: This is another view of the sawmill. These men might have been ship carpenters. Sand covers the ground, and the far back in the right side looks like a bank facing a seashore. If so, these photos of Carpenter could be taken when the photos of “Fishermen 1 and 2″ and “Man at the Seashore 1, 2, and 3″ were shot.追加情報: 「大 工 1」と同じ作業所の写真です。2人の男性は船大工でしょうか。地面は砂地で、写真の右後方は海岸に面した土手のように見えます。これら2枚の 「大工」の写真は、「漁 師 1」「漁 師 2」、「海 岸の男性 1」、「海 岸の男性 2」 、「海 岸の男性 3」と同じ時期に撮影されたのかもしれません。

Permission to use the Pennino Collection

If photos are used for non-commercial educational purposes such as use of the photos in class lectures, students’ presentations, and academic conference presentations, no permission is necessary. Please credit the photos with the sentence: “From the Walter A. Pennino Postwar Japan Photo Collection, courtesy of the Center for Japanese Studies, University of Hawai‘i at Mānoa.” However if the photos are planned to be used in books, newspapers, documentaries, films, and other forms of media and print, the users must write to the Center for Japanese Studies to request permission. In the request, please explain the topic and the type of media/print.

ペニーノコレクションの使用許可について

ペニーノコレクションの写真を講義や学生(生徒)のプレゼンテーション、各種学術会議での発表など非営利目的の教育活動に使う場合、使用許可の申請は必要 ありません。ただし、使用の際、写真が「ハワイ大学マノア校日本研究センターのウオルターペニーノ写真コレクション」の一部であることを 明記してください。コレクションの写真を本、雑誌、新聞、映画などの出版・映像メディアに使用する場合は、事前に文書で当センター宛てに使用の許可を申請 してください。申請の際には使用するメディア、題材、使用する写真(ID番号とタイトル)を明記してください。

Send inquiries or requests to/質問・使用許可の申請先:

Pennino Photo Collection
Center for Japanese Studies, Moore 216
University of Hawaii
Honolulu, HI 96822
Phone: 808-956-2664
Fax: 808-956-2666